« もう少しで書けそうで書けない | トップページ | またしてもGTD実装の変更 »

次世代型主婦の時間の条件を考えてみるよ

このエントリーは私の別ブログからの転載です。主婦向けブログをつくったのれす。
ここにも書いておくといいことあるかな?(笑)とおもって両方に書きます:-)




自己紹介。
nori(33) 主婦時間研究家。
出産直後は今思えば産後鬱状態。子どもと一日中一緒にいることにストレスを覚え、そのストレスを覚えることに罪悪感を感じ・・・でスパイラル状態(汗)
さすがにそれはやばいでしょう、とパートを開始する。お金ではなくて状況から抜け出したかった。この経験がなければたぶん、GTDとは出会っていない。
現在は夫(38)、2歳半になる男児ひとり、保育園に預けてパート中&次の仕事探し中。。
mixiにてGTD勉強会やTOEICコミュニティで活動中。
ひとりであれこれ悩んでいたのがGTD(後述)と出会って今では子どもを預けて飲みにいってしまうこともできるようになるくらい自分とそこそこ付き合えるようになりました。

※タイトルはホッテントリメーカーにて作成しています。

なぜ、主婦とつけたかというと自分がそうだから。

恋愛→結婚→出産→子育てと気づいたら三十路でなんとなく「こんなはずじゃなかった感」が否めないのです。毎日あわただしく過ぎて、自分のことなんて二の次で家族の世話ばかり・・・している気がする。

ま、それだけで十分しあわせよ、って言う人ももちろんおられるわけで。
昭和の頃、つまり自分の親世代はそれが当たり前で一部を除き、他の選択肢はなかったと思うのです。

振り返って現在は、やはりそれだけでは物足りないと感じる人が多いのも事実。
仕事に家事に子育て、自分の時間、家族との時間。これだけのことをすべてうまくやろうとしたらそりゃ、時間も足りなくもなるよ、というわけです。
そして、自分をこういう人たちに当てはめようとするともっと大変なわけで(笑)

そこで
「自分の価値観を見つめなおし」
そしてさらに、
「大変に忙しい(感じがする)のだ」
「けれどもうどうしていいかわからないよ!!」

っていう状態に陥ったときの対処法を

1、考えてみたよ
2、実践してみたよ。
3、そしたらこれくらいはほどほどによくなったよ!

ということの研究と実践のログをここに書こうと思います。
自分の学びををシェアしたい、そう思って書いています。

気持ちの整理とモノの整理はすごく似ていて、同じ方法、ツール、ステップを使って少し、ラクになることが出来ます。

必要なものは最初は紙と、ペン。
もちろんパソコンでもかまいません。

どうぞお付き合いください。

ちなみに、今後回を追ってブログに書き込んでいきますが「とっとと自分でGTDってやつを知りたいYO!」というかたはこちらをご参照ください。

GTD(Getting Things Done)とは個人用のワークフロー管理システムである。デビッド・アレン(David Allen)によって同名の書籍『Getting Things Done: The Art of Stress-Free Productivity 』(2002年)の中で提唱された。

GTDは心理的な負担を減らすことを主眼とし、簡単な五つのステップを実行していくことによって成し遂げたいことを現実にするメソッドである。個人の生産 性を向上させることができるので、LifeHack(ライフハック)と呼ばれるビジネス上の仕事術の中でも特に注目されている。

GTDの基本はなすべき仕事のリストを何かに記録しておくことで、頭の中からなすべき仕事のことを追い出してしまうというものである。これで頭の中はすべき仕事全部を覚えなくてもよくなりすっきりとし、リストに基づき実際の仕事をこなすことに集中できる。
ウィキペディアより引用


です。

|

« もう少しで書けそうで書けない | トップページ | またしてもGTD実装の変更 »

主婦こそむしろGTD」カテゴリの記事

家事系らいふはっくす」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000091/22554236

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代型主婦の時間の条件を考えてみるよ:

« もう少しで書けそうで書けない | トップページ | またしてもGTD実装の変更 »