« 子ども弁当 | トップページ | 子どもべんとう »

【復習】シゴタノ!セミナー:自分を変える「小さな習慣」のつくり方

【シゴタノ!セミナー:自分を変える「小さな習慣」のつくり方】

 会場へ着くともう、ほとんどの席が埋まっている状態でした。ドキドキ。
お隣の席の方はなんと学生さん!まだ社会に出ていない段階でGTDをご存知でおられることやシゴタノ!を購読しているとは。すごい時代ですねー:-)

一番に眼に入ったのはプロジェクタ。黒板を模した本日の掲題。
日直のところにちゃんと


日直
おほ
おり

って、かいてありました。かわいい遊び心。

・・・それでは以下は会場の雰囲気ですとか、交流を持たせていただいた方のご挨拶などはすみませんがこちらでは割愛して、内容をまとめたいと思います。

まずは(私なりの)結論から。
掲題”「小さな習慣」のつくり方”に反しているようですが私の受け取ったメッセージは

「振り返ったときに残っていたものが習慣だ」

と、いうことです。

つぎに概要。

  1. シゴタノ!の大橋さんのお話の部はすでに「○○を習慣化したいんだけど続かなくて・・・」という方向けの具体的かつ、すぐに取り入れられるhow toなお話でした。
       
     
  2. 一方、lifehacking.jpの堀(mehori)さんのお話の部は「そもそも習慣って何ぞや?」という定義をアリストテレスの言葉からの引用という深いところから始まりました。
    そのあと、現在のライフハック事情、堀さんの習慣の元となっている書籍の紹介、ご自身のblogコンセプト、お使いのツール(デジタル、アナログともに)、そして今後のご活躍のことと幅広くお話をいただき、着地点が「ではそれを習慣として続けるには?」となりました。

長いので続き欄へ書きます。

・・・のまえに、シゴタノ!読者さんには当たり前の話かもしれませんが私は初めてだったのでとても参考になった事柄をリンクしておきます。

セミナーを受ける前後にやっておきたい3つの習慣

ちなみに私は
1.受講前に、受講の目的を書き出す
→掲題についてのお話はもちろん興味がありましたが
堀さんにお会いしてどうしたらああいう文章を書くことが出来るのか知りたかった。
ご本人なりがわかればそのなぞが!とけるかなと?
とにかくライブで堀さんのお話が聞きたかったです。

2.受講中に、受講後のタスクを書き出す
→大橋さんが途中に上記を考える時間を設けてくださって私は
「blogを継続し、発展させる。」です。

3.受講後に、受講内容を人に話して聞かせる

→まさしくいま、ここに書いていることがそうですね!

ではではすみません。
続きです。

習慣づけへのアプローチby大橋さん

「小さな習慣」を作る V.O.W. の3ステップ

  1. variation”変化, 変動; 変化量[程度]; 変化物; ”
    バリエーションを増やす→1つの習慣に対して複数の道を作る。
    つまり「やるかやらないか?」のall or nothingではなくやることを前提に道を作るということ。
    例:×今週末遊びに行かない? 
        ○映画にする?ドライブにする?

    →習慣化したい事柄と、一緒にいる時間を増やそう

       
  2. operation”働き, 作用, 作業, 操作; 効果, 効き目 ”
    オペレーション→打ち込んだ手ごたえを感じよう!
    大橋さんは筋トレが好きだということで「やった分だけ筋肉痛になります!」という例を挙げてられました:-)
    また、数字は裏切らないというかやればプラス1だ、と。
    やらなければ増えないけど1回でもすればプラスなのだということもおっしゃっていました。

    例:×どれだけやっても儲けは同じ
        ○やった分だけ、儲けは増える!

    →行動から確かな反応を受け取ろう!


  3. waste”むだになる, 浪費される”
    ウェイスト→回り道を楽しもう!高い、長い、古い、を楽しもう
    例として挙げられたサイト→”アンチ・バベルの塔
    1ヶ月かけて辞書をじっくりと読まれている方のサイトとのことです。
    (すみません、私はまだ未読です。とりいそぎ探してみました。)

    例:×すぐ出来ることはすぐ追いつかれる。
        ○コストの高さは敷居の高さ。
    →いっしょにいる時間
    #↑私のメモに、こう書いてあったのですが1と結論がかぶってるので間違っているような・・・(;´Д`)
    メモ取られていた方、ご指摘ありましたらお願いします^^;


「小さな習慣作り」としてのライフハック、
その考え方・ツール・そしてそれらを支える知識
by堀さん

  1. P=MxTxK
    生産性=メソッド×テクニック×知識の掛け算

    intro:
    上記の式に当てはまるM,T,Kをどのようにポイントアップしていくか?
    火事場のばか力ではなく「気づいたら上がっていた」と思える、習慣の形成とは?
  2. method
    メソッドについてはご存知の方が多いと思われるので書籍の紹介だけにとどめます。
    (右手の「やりとげる力」は堀さんのレコメンド本です。メソッドとはちがうかな?私は未読)

    7つの習慣―成功には原則があった!  Getting Things Done: The Art of Stress-Free Productivity   なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか? やりとげる力

    そしてこれらのメソッドをどう、とりいれ昇華していくのか?というところに言及されてました。いってしまえばいいとこ取り!すればいいと。
    #私のメモ:既存のメソッド、フレームワークはもちろんとてもすばらしいものだが「それ」をするのが目的ではなくて「それ」をつかって「私」が何をしたいのかに気をつけること。#GTDに正直になること。

    Sn390022「仕事術の本は従うためにあるのでなく、カスタマイズして利用されるためにあります。」~セミナー小冊子より引用~
  3. techniques
    上記のメソッドをどういったツールを使って自分のものにしていくかの「techniques」を堀さんの使っておられるデジタルツール、アナログツールを紹介しながらツールを使う上での堀さんの求める条件などポイントをお話されていました。
    a,時間をセーブしてくれるか?
    b,一つのことを非常に上手にできるか?
    c,インプット、アウトプットの効率に貢献してくれるか?

    ツールそのものはLifehacking.jpを普段ご覧になってる方はご存知のものばかりだと思われるので割愛。
  4. knowledge
    堀さんのご経験からのエピソードを交えて習慣化に使える知識のお話がありました。
    ここですべてを語るのは難しいのでトピックだけ羅列します。(リンクは当blog筆者)

    a,永平寺 宮崎奕保(みやざきえきほ)禅師のことば~学ぶはまね~

    b,苦行はやめよう!
    遠い未来に○○するために苦行して習慣を作るのでなく、今楽しく、未来に向けて収穫できることをしよう。それが結果として習慣として残ります。

    c,方向性を確かめて、行動を打ち続けよう!
    堀さんは、何度も「弾を装填してですね、もうバンバン撃ちまくる(=action,行動を起こす)んですよ。」といってました。
    そして、挫折や失敗は気にしない。弾切れしたら、また弾を装填すればいい。もう一度方向性を確かめてまた再スタートすればいいということをおっしゃっていました。

    習慣という継続行動そのものに重きを置いて苦行するのでは無く、いかに自分が実現したいことに向かってきちんと進んでいるか?ということに思えました。


    ・・・よって、私の結論に帰結します。

「振り返ったときに残っていたものが習慣だ」

以上です。
ほんとに、掲題に反するようでおこがましいかも?なのですが私がこのセミナーで受け取った学びは、「習慣にする価値のあることをしているのか?」という自問です。
「習慣の行く末」というか。ゴールが明確になっていない自分を痛感しました。

と・こ・ろ・で。

お二人のプレゼンの仕方が対照的だったが(敢えてなのか?)とても興味深かったです。

大橋さんは徹底的に見える化。すごくわかりやすいし取り入れやすい。
ビジュアルと端的な文章と、それの具体化。途中キッチンタイマーをつかって音も駆使。
聞く側の身近にぐぐっ、ともってくる。
普遍性。わかりやすい。なぜ「シゴタノ!」が人気があるのかがとてもよくわかりました。


一方、堀さんはきちんとアウトラインはもちろんあるけれど話しながら話を深めている?感じがしました。哲学的なのです。
じっくりと反芻して、きづいたらじわじわとああ、そうかぁ・・・と思い出すような感じなのでここでのpostにうまく反映できてないかも?なのですが。
文字ベースのスライドなので完全に思い出すのは難しい。
でもちゃんとkeywordはおぼえてる、メモしております。以下、メモ部分抜粋。
#堀さんは決められた腕立てふせスペースが自宅にあり、腕立てするときは必ずそこでするそうです。だからそこ見るともう条件反射的に「やらなきゃ・・・」とおもうそうです。これもひとつのハック!
#多分研究者魂なのでしょうけど(笑)数をモニターするのが好きだとおっしゃってました。体重、歩数、階段、移動距離etc・・・・私がいいなあとおもったのが「ありがとう」カウント!


少しでも私の学びを誰かにシェアできたらうれしいです:-)

・・・この会に快く送り出してくれた夫と子どもに感謝です:-)

 

|

« 子ども弁当 | トップページ | 子どもべんとう »

主婦こそむしろGTD」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。先日は私のブログにコメントくださり、ありがとうございました!

mehoriさんと大橋さんのセミナーは参加できませんでしたが、おかげでどんな内容だったか知ることができました。ありがとうございます。セミナーの小冊子、写真を見てたら、読みたくなりました 。

機会がありましたら、是非お会いしたいですね (^^)
そのときはよろしくお願いします!

投稿: Sio | 2008年6月17日 (火) 11時45分

こちらこそコメントありがとうゴザイマス!

>セミナーの小冊子、写真を見てたら、読みたくなりました 。

お会いできる機会がありましたら(というか、ぜひぜひお話したいです:-))持っていきますよ!

投稿: nori | 2008年6月18日 (水) 01時01分

先日はお疲れ様でした。

 僕のメモを見返すと大橋さんの習慣化の
コツのWasteは
  ・一緒にいる時間・・・・・Priceless
  ・一緒にいようとする時間・・Loss

 と書いてありました。
無理に一緒にいようとするのではなく、一緒にいられずにはいられないようにしよう。。的な話だったと思います。
(すみません、僕もうる覚えです。。) 


 noriさんBlogを読んで、セミナーの雰囲気が自然に思い浮かぶやわらかい感じの文章ですね。

 僕も見習って雰囲気が分かるような文章を書けるよう練習します。

投稿: けんさくす | 2008年6月18日 (水) 07時44分

>けんさくすさん
先日はお会いできてよかったです:-)

そして記事フォローありがとうゴザイマス!
そうか、プライスレスだったか・・・某カードのCMっぽくてメモすることを自らスルーしていたことを思い出しました(笑)

>僕も見習って雰囲気が分かるような文章を書けるよう練習します。

こ、光栄です(;´Д`)
とてもうれしいです!

投稿: nori | 2008年6月18日 (水) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000091/21628622

この記事へのトラックバック一覧です: 【復習】シゴタノ!セミナー:自分を変える「小さな習慣」のつくり方:

« 子ども弁当 | トップページ | 子どもべんとう »